Logo header1

Workplace Safety and Hygiene 労働安全衛生

教育・啓発

Q_教育・啓発

安全衛生教育の強化

安全衛生教育センター「緑館」安全衛生教育センター「緑館」

緑館の中庭に設置した安全衛生モニュメント緑館の中庭に設置した安全衛生モニュメント
安全を意味する緑十字を当社事業を象徴する5つのマテリアルで囲みデザインしたもの

危険感受性の向上には自ら危険を体感することが重要と考え、2017年3月、「安全衛生教育センター(緑館)」を開設し、運用を開始しました。センターでは、作業現場の実態や日常作業に潜む危険を考慮した50種の危険体感設備を備え、専門のインストラクターによる危険体感教育が行われるほか、専用の講習室を利用して労働安全衛生に必要な専門教育も定期的に開催されています。センター開設以来2022年3月までに、グループ従業員約4100名以上が危険体感教育を受講し、約900名が専門教育を修了しました。

VR(Virtual Reality)を用いた危険体感教育

通常の危険体感設備では疑似体験が困難な危険状態を体感するために、安全衛生教育センター内でVRを用いた危険体感教育を2018年5月より導入しました。VRを用いることにより、360°の視野、触覚技術等で臨場感、没入感を高め、危険な状態を最後まで体感(例:墜落前・中・後の状態等)することができ、危険感受性の向上に役立てています。また、これらの装置は運搬が可能なため、当社グループの各事業所で危険体感教育を実施しています。2019年は装置の2号機、3号機を導入するとともに、メニューも5つ追加し、2021年にもメニューを4つ追加しました。また、対象とする事業所もグループ会社まで拡張し、一層の危険感受性向上を目指していきます。

VR危険体感教育メニュー(安全衛生教育センター)

高温物の災害(ガス噴出) 高温物の災害(ガス噴出)

高温物の災害(水蒸気爆発) 高温物の災害(水蒸気爆発)

フォークリフト災害(運転手前進) フォークリフト災害(運転手前進)

フォークリフト災害(歩行者後退) フォークリフト災害(歩行者後退)

転落災害(クレーンからの転落) 転落災害(クレーンからの転落)

転落災害(踏み抜き) 転落災害(踏み抜き)

挟まれ災害(プレス) 挟まれ災害(プレス)

巻き込まれ災害(高速コンベア) 巻き込まれ災害(高速コンベア)

巻き込まれ災害(低速コンベア) 巻き込まれ災害(低速コンベア)

電源盤感電事故 電源盤感電事故

段差躓き事故 段差躓き事故

カッター切創事故 カッター切創事故

階段降下中落下 階段降下中落下

脚立転倒事故 脚立転倒事故

玉掛失敗による⾶来事故 玉掛失敗による⾶来事故

グラインダキックバック事故 グラインダキックバック事故

トレーラカバー掛け転倒事故 トレーラカバー掛け転倒事故

Vベルト巻き込み事故 Vベルト巻き込み事故

このページの先頭へ戻る

安全衛生推進体制強化に向けて

安全成績優良事業場表彰制度

安全管理の面において顕著な進歩向上をとげ、他事業場の模範となる優秀な成績を挙げた事業場を表彰することによって、三菱マテリアルグループの安全管理の向上を促す契機としています。
表彰の対象は、当社単体の事業所、国内連結子会社の製造業・建設業種、および非連結子会社としています。
表彰基準は無休業災害期間(社内従業員および協力会社で休業災害以上の発生していない期間)が表彰基準年に達するごとに表彰し、表彰の種類は次の3種類としています

(1)安全優良賞(表彰基準年 達成事業所)
(2)安全優秀賞(表彰基準年×2 達成事業所)
(3)安全大賞 (表彰基準年×3以上 達成事業所)

表彰基準年は業種間でリスクの大きさが異なることから、事業形態により事業場ごとに設定し、以下のグループに振り分けています。

  • グループA(基準年:2年ごと)
    事業形態:プラント型(セメント、製錬等)、装置産業型(銅加工等)、建設業種
  • グループB(基準年:3年ごと)
    事業形態:加工組立型

2021年10月表彰

安全大賞2事業場(安全大賞のカッコ内は大賞での回数)
高機能製品カンパニー (株)後藤製作所(Ⅳ、12 年)A、ダイヤレックス(Ⅱ、12 年)B
安全優秀賞1事業場
セメント事業カンパニー 新関西菱光(株)(4 年)A
安全優良賞9事業場
高機能製品カンパニー 玉川エンジニアリング(株)(2 年)A、三菱マテリアル電子化成(株)(2 年)A、
三菱電線工業(株)箕島製作所(3 年)B
加工事業カンパニー (株)MOLDINO成田工場(3 年)B、日本新金属(株)(2 年)A
金属事業カンパニー 小名浜製錬(株)(2 年)A
セメント事業カンパニー (株)東京菱光コンクリート(2 年)A
関連アルミ事業室 (株)エムエーパッケージング(2 年)A、ユニバーサル製缶(株)群馬工場(2 年)A

2022年4月表彰

安全大賞3事業場(安全大賞のカッコ内は大賞での回数)
金属事業カンパニー マテリアルエコリファイン(株)(Ⅰ、6年)A
関連事業室 新菱アルミテクノ(株)(Ⅷ、20年)A、(株)メンテナンス・テクノ(Ⅱ、8年)A
安全優秀賞2事業場
高機能製品カンパニー (株)三宝フォージング(現、MMカッパープロダクツ(株))(4年)A
セメント事業カンパニー 東谷鉱山(4年)A
安全優良賞2事業場
高機能製品カンパニー (株)玉川製作所(2年)A
環境・エネルギー事業カンパニー 東日本リサイクルシステムズ(株)(3年)B
  • ※ 表彰対象の組織は、表彰当時の組織名で記載しています。
  • ※ 当社のセメント事業は、UBE(株)(旧宇部興産(株))とのセメント事業等の統合に伴い、2022年4月1日付で、吸収分割により、UBE三菱セメント(株)(持分法適用関連会社)が承継しました。
    アルミ事業につきましては、当社は、2022年3月31日付で、保有するユニバーサル製缶株式の全株式を昭和アルミニウム缶(株)に譲渡し、同日付で、三菱アルミニウム(株)のアルミ圧延・押出事業を吸収分割により昭和アルミニウム缶(株)に承継させました。

外部コンサルタント活用による安全衛生指導

過去の災害を解析した結果、リスクの抽出に課題があることから当社グループの事業所に対し、外部コンサルタントによる安全衛生指導を実施しています。抽出出来ていなかったリスクを外部専門家の視点により抽出し、低減措置を講じることにより、現場の安全水準の向上、従業員の危険感受性向上にもつながっています。

情報集約と発信によるグループ内の横展開を推進

安全環境品質部では、安全衛生、防災保安および環境管理に関する情報の配信・集約・閲覧を目的として、2017年2月から社内ポータルサイトを運用しています。これまで本社サーバー内で保管し、アクセスが限られていた安全成績や安全年表、災害事例、安全衛生教育資料、健康やメンタルヘルスに関する情報等を分類・整理し、社内ポータルサイトで公開しています。
また、当社グループで発生した典型的な災害事例については映像化し、災害の状況・原因・対策・得られた教訓を分かりやすく解説しています。
2017年6月からは、当社グループで発生した災害事例をデータベース化し、社内ポータルサイト内で公開しています。フリーキーワード全文検索機能や災害カレンダーの出力機能等を備え、安全教育資料の作成や類似災害防止対策等に役立てています。各事業所に必要な情報が素早く的確に得られるように構成されており、安全基盤強化・安全文化醸成の一助として活用されています。

「安全衛生好事例集」の発信

労働災害の防止に向け、当社グループの各事業所において実施されている実効性の高い独自の取り組みを「安全衛生好事例集」として、2014年より毎年取りまとめています。グループ安全衛生水準を向上させる共有財産として全国安全週間にあわせて公開し、社内ポータルサイトにおいて個別に事例を紹介する等、好事例の水平展開を推進しています。

三菱マテリアル株式会社