Logo header1

Stakeholder Communication ステークホルダーコミュニケーション

株主・投資家との対話

株主・投資家との対話

株主との対話

当社では、毎年開催する定時株主総会を、株主の皆さまと当社の経営トップとが直接対話する貴重な場として捉えています。そのため、株主の皆様が株主総会における報告事項および決議事項について事前に十分検討いただけるよう、招集通知の早期発送に努めるとともに、当社WEBサイト等における発送前開示を実施しています。また、役員報酬等の決定に関する方針やコーポレート・ガバナンスの状況等も事業報告の内容として記載する等、情報開示の充実に努めています。
さらに、書面に加えてインターネットによる議決権の行使を可能としているほか、国内外の機関投資家向けの議決権電子行使プラットフォームにも参加しています。
株主総会では、映像やナレーションを用いて議事の内容を分かりやすくご説明しているほか、各決議事項に対する議決権の行使結果を、株主総会終了後当社WEBサイト等で公表しています。また、2021年6月24日開催の第96回定時株主総会から、株主の利便性向上のため、ハイブリッド参加型バーチャル株主総会(ライブ配信)を実施しています。加えて、ライブ配信した株主総会の動画を当社WEBサイトに一定期間掲載することとしています。

所有者別株式分布

所有者別株式分布

このページの先頭へ戻る

投資家との対話

写真

2021年度は、機関投資家・証券アナリストの皆さまを対象に決算説明会(四半期ごと)、IR経営説明会、IR Day、ESG説明会を開催しました。各説明会では決算内容、経営方針、ESGへの取り組み等について説明を行い、参加者からいただいたご質問・ご意見については、経営陣にフィードバックすることで、活用しています。
また、機関投資家・証券アナリストの皆さまとの個別ミーティングの実施や証券会社が主催するカンファレンスへの参加等を通じて活発な意見交換を行い、積極的にコミュニケーションを図っています。
個人投資家の皆さまに対しては、証券会社が主催する個人投資家説明会に参加して対話を行うとともに、まてりある通信(株主通信)の当社WEBサイトへの掲載等を行い、コミュニケーションを図っています。
新型コロナウイルス感染症の影響もあり、従来のような対面での活動は減少していますが、電話会議システムやオンラインシステム等を活用しながら、ステークホルダーの皆さまとの対話を深化させ、情報公開の維持・向上を図り、今後も積極的なIR・SR活動を展開していきます。

2021年度IR・SR活動実績

項 目 2021年度実績回数
決算説明会(四半期決算ごと) 4回
IR経営説明会 1回
IR Day 1回
ESG説明会 1回
IR・SR個別ミーティング 131件
海外IR 4件
証券会社主催 国内カンファレンス 2回
証券会社主催 個人投資家説明会 2回

*上記は全てオンライン(電話会議またはWEB会議)で実施

三菱マテリアル株式会社