Logo header1

Stakeholder Communication ステークホルダーコミュニケーション

ステークホルダーとの関係構築・強化

ステークホルダーとの関係構築・強化

株主との対話

当社では、毎年開催する定時株主総会を、株主の皆様と当社の経営トップとが直接対話する貴重な場として捉えています。そのため、株主の皆様が株主総会における報告事項及び決議事項について事前に十分検討いただけるよう、招集通知の早期発送に努めるとともに、当社WEBサイト等における発送前開示を実施しています。また、役員報酬等の決定に関する方針やコーポレート・ガバナンスの状況等も事業報告の内容として記載する等、情報開示の充実に努めています。
更に、書面に加えてインターネットによる議決権の行使を可能としているほか、国内外の機関投資家向けの議決権電子行使プラットフォームにも参加しています。
株主総会では、映像やナレーションを用いて議事の内容を分かりやすくご説明しています。また、各決議事項に対する議決権の行使結果を、株主総会終了後当社WEBサイト等で公表しています。2019年12月には、当社株式を保有する主要な国内機関投資家を対象に、社外取締役との小規模ミーティングを実施しました。当社のコーポレート・ガバナンスを中心に幅広いテーマについて自由なディスカッションを行い、参加者の皆様には、当社の取り組みについて、深く理解していただくことができました。

所有者別株式分布

所有者別株式分布

※ 端数処理により、構成比の合計が100%にならない場合があります。

このページの先頭へ戻る

投資家との対話

投資家向けの説明会

IR経営説明会での説明(小野執行役社長)IR経営説明会での説明(小野執行役社長)

当社では、機関投資家・証券アナリストの皆様を対象に四半期決算発表の都度、決算説明会を実施しています。説明会では決算内容及び経営方針等の説明を行うとともに、参加者からのご質問・ご意見をいただき、経営陣にフィードバックする等、IR活動に反映しています。
また、国内外で、随時工場説明会を実施しているほか、機関投資家・証券アナリストの皆様との個別ミーティングを実施し、事業戦略等の説明や活発な意見交換等、積極的にコミュニケーションを図っています。
個人投資家の皆様に対しては、2009年度より、個人投資家向け説明会に参加して、対話を行っています。
今後もさまざまなIR活動を積極的に行い、投資家の皆様への情報開示を進めていきます。

2019年度IR活動実績

項 目 2019年度実績回数
機関投資家個別ミーティング 165
海外IR(欧州、米国、アジア) 16
機関投資家向け工場見学会 2
機関投資家向け決算説明会 5
三菱マテリアル株式会社