Logo header1

Evaluation by External Organizations

外部機関からの評価

外部機関からの評価

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数

MSCIジャパンIMIトップ500指数構成銘柄の中から、ESGの取り組みに優れた企業で構成されるインデックスで、当社は2017年7月から構成銘柄に選定されています。

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数

(クリックすると関連情報をご確認いただけます)

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)

日本株の時価総額上位500銘柄の中から、業種ごとに性別多様性に優れた銘柄を選別して構築されるインデックスで、当社は2017年7月から構成銘柄に選定されています。

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)

(クリックすると関連情報をご確認いただけます)

  • ※ 厚生年金と国民年金の積立金の管理・運用を行っている年金積立金管理運用独立行政法人(以下GPIF)は、E(Environment/環境)・S(Social/社会)・G(Governance/ガバナンス)の要素に配慮した投資を行うため、日本株を対象にESG指数に連動した運用を行っています。
    「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指標」および、「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」は、いずれもGPIFがESG指標に選定しています。
  • ※ MSCI指数に、三菱マテリアル㈱が含まれていたとしても、また本書におけるMSCIのロゴや商標、サービスマーク、インデックス名の使用は、MSCIまたはその関連会社による三菱マテリアル(株)のスポンサーシップや是認、宣伝販促とはなりません。 MSCI指数は、MSCIの独占的財産です。 MSCI、MSCI指数名およびロゴは、MSCIかその関連会社の商標またはサービスマークです。

FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

グローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russellにより構築され、各セクターにおいて相対的に、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフオーマンスを反映するインデックスであり、セクター・ニュートラルとなるよう設計されています。また低炭素経済への移行を促進するため、特に温室効果ガス排出量の多い企業については、TPI経営品質スコアにより改善の取り組みが評価される企業のみを組み入れています。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のESGパッシブ運用ベンチマークとして採用されています。当社は、2022年3月から構成銘柄に選定されています。

FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

(クリックすると関連情報をご確認いただけます)

  • ※ FTSE Russell (FTSE International Limited と Frank Russell Companyの登録商標)はここに三菱マテリアル(株)が第三者調査の結果、FTSE Blossom Japan Sector Relative Index組み入れの要件を満たし、本インデックスの構成銘柄となったことを証します。FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されます。

ECPI

ECPI社はルクセンブルクとミラノに拠点を置く、投資運用助言会社(持続可能性投資を専門とした投資運用助言会社)です。業種・地域・テーマ別の複数のESGインデックスを構成しており、ESGに関連した取り組みで一定の水準を満たした世界の企業で構成する業種別、地域別、テーマ別のインデックスを保有しています。当社は2018年12月から構成銘柄に選定されています。

ECPI Sense in sustainability

CDP

CDPは英国ロンドンを拠点とする非営利団体で、機関投資家と連携し、時価総額の上位企業に対して「気候変動」や「水リスク」の戦略やデータ等の開示を求める国際的な枠組みを運営するプロジェクトです。A~D⁻の8段階のスコアリングにおいて、当社は2021年度はCDP気候変動「B」、CDPウォーター「A⁻」の評価となりました。

CDP

(クリックするとCDP公式サイトへ移動します)

三菱マテリアル株式会社