Logo header1

ESG及びCSR方針・体制

当社グループにおけるESG及びCSRの位置付け

当社グループは、企業理念の実現に向け、企業としての義務と期待される役割を誠実に果たしていくこと、そしてその活動を社内外へ開示・説明し、対話を通じて相互に理解を深めていくことを、自らのCSR(企業の社会的責任)として定義しています。ESGは、このような取り組みを環境、社会、ガバナンスという分類で整理したものです。
CSRの推進は、社会の要請を経営に取り入れていくプロセスだと言うこともできます。当社グループの企業理念体系には、当社が加盟するICMM(国際金属・鉱業評議会)の行動原則をはじめ、国際社会における今日的要請が反映されています。
重要課題の特定においても、国際的なガイドラインやESG調査アンケートを含む幅広い情報ソースから社会的要請を洗い出したうえで、「ステークホルダーの視点」と「経営の視点」で優先度を評価しています。こうして見い出した重要課題を解決するアプローチは、事業戦略へ統合するとともに、日々の事業プロセスにも多様な形で組み込んでいます。
2030年に向けた国際社会の課題認識をまとめているSDGsについても、当社グループ事業との関わりを詳細に把握し、外部有識者との対話も踏まえて、取り組みの柱を設定しています。詳細は、「三菱マテリアルグループの事業活動とSDGs」をご参照ください。

三菱マテリアルグループのESG及びCSR概念図

三菱マテリアルグループのCSR概念図

CSR定義

当社グループは、総合素材メーカーとして、社会に必要不可欠な資源・素材・エネルギーを世界に送り出し、「人と社会と地球のために貢献する」ことを企業理念とする企業グループです。
この企業理念実現に向け、企業としての義務と期待される役割を誠実に果たしていく、そして、その活動を開示・説明し、対話を通じて相互に理解を深めていくことが当社グループのCSRです。これらの行動を通じて、信頼される三菱マテリアルグループでありたいと思います。

ESG及びCSR活動方針

人との絆を大切にする:「ステークホルダーとの対話強化」
株主、社員、お客様、取引先等、各事業所やグループ会社において、それぞれの重要なステークホルダーとの対話を通じ、相互に理解を深め、各ステークホルダーの満足度向上に努めます。
社会との約束を大切にする:「コンプライアンス/リスクマネジメントの徹底」
企業活動を推進するうえで必須条件となる法令遵守の徹底や不祥事の未然防止を図るため、リスクマネジメントやコンプライアンスの更なる強化徹底に取り組みます。
地球を大切にする:「環境負荷の低減」
環境負荷低減を目的とした取り組みとして、省エネルギー、省資源、廃棄物削減、有害物質削減等に努めます。

このページの先頭へ戻る

サステナブル経営推進体制

サステナブル経営推進体制

サステナブル経営推進体制

当社グループでは2020年4月、CSR及びESGを含むサステナビリティに関わる経営課題への対応の水準をさらに高めるため、グループの中核である三菱マテリアル内に「サステナブル経営推進本部」を設置しました。サステナブル経営推進本部は、当社グループが企業理念に則った事業活動を通じて、持続可能な社会の構築へ貢献し、かつ中長期的な企業価値の向上を実現するため、各種経営課題に対する一元的な対応を推進することをミッションとしています。
当本部は、三菱マテリアルの執行役社長を本部長に、コーポレート担当各役員を副本部長とする全社横断的な組織であり、本部内には10の専門部会(コミュニケーション部会、本社機能効率化部会、ガバナンス部会、コンプライアンス部会、リスクマネジメント・危機管理部会、気候変動対応部会、環境管理部会、品質管理部会、情報セキュリティ部会、ゼロ災推進部会)を設置しています。
それぞれの専門部会が検討対象テーマに関連する主要課題の特定と対応策の立案を行い、本部はこれを基に全体計画をとりまとめ、各施策の実施のフォローアップ、進捗管理、レビューを行います。今後、当社グループが対応すべき課題が社会的要因等により変化した場合には、対象とする課題やそれに対応する専門部会の構成も柔軟に見直していきます。
新しい組織体制のもと、当社グループは、国内外のステークホルダーとの対話を深めることや、その声を一元的に集約して経営課題の検討に役立てることに努めています。

このページの先頭へ戻る

ステークホルダーの期待・要請への対応

当社グループは、ステークホルダーの皆様のご指摘やご提言に応えることを通じて、CSR及びESGの活動や報告の水準を向上させています。主要な期待・要請には、以下のように取り組んでいます。これらを把握するためのステークホルダーとのコミュニケーション方法については、「ステークホルダーとの関わり」をご参照ください。

主な期待・要請 当社グループの対応状況
資源循環への取り組みの更なる拡大・深化
  • 「循環型社会の構築に貢献する」ことを、会社の目指す姿の三本柱の一つに明記
  • グループ全体でのマテリアルフローの最適化
  • 都市資源リサイクル強化に向けた事業展開と研究開発
気候変動に伴うリスク・機会への対応
  • 事業所ごとに目標を掲げCO2排出削減を推進
  • 脱炭素化に貢献する素材・製品・技術の開発
  • 再生可能エネルギー(地熱、地中熱、水力、太陽光、等)の開発・利用促進
  • CO2回収・貯留に関する実証実験・適地調査事業への参画
  • 所有する山林の保全活動
  • TCFD提言への賛同とTCFDコンソーシアムへの参画
  • 水リスクの評価と低減策の実施
休廃止鉱山の管理
  • 当社グループが国内に有する休廃止鉱山における管理業務の継続(一部の鉱山の文化的遺産としての保全・効果を含む)
  • 設備更新・環境対策工事(激甚化する自然災害に備えた鉱害・危害防止対策工事、大規模地震に備えた集積場安定化工事、鉱廃水の発生源対策、老朽化設備の更新、等)の計画的実施
  • 休廃止鉱山実務者の育成
  • 休廃止鉱山の管理に関連する技術開発
生物多様性の保全(社有林、鉱山周辺)
  • 社有林においてSGEC森林認証を取得し、持続可能な森林経営を推進
  • 出資先鉱山に対し生物多様性への配慮を確認し、自然公園等に隣接する事業所でも保全活動を実施
サプライチェーンでの人権尊重
  • 「物流資材部門CSR調達ガイドライン」の実効性確保に向け、多層的な取り組みを展開
  • 金属事業におけるCSR投融資基準及びCSR調達基準の運用、出資先鉱山での地域社会との対話
  • 紛争鉱物フリー認証の取得(金、錫、タングステン)
品質管理
  • 品質管理体制の再構築に向けた体系的な施策を実施
  • 品質振り返りの日の制定
  • 「攻めの品質」による規格外品を発生させない仕組みづくり
安全で快適な職場環境の構築
  • 「SCQDE(安全と健康をすべてに優先)」の浸透活動
  • ゼロ災プロジェクトの継続
  • リスクアセスメントによる設備安全化(工学的対策)の徹底
  • 安全衛生教育の強化
  • 社員の健康意識向上
  • 安全衛生推進体制の強化
人材の育成
  • 「長期的なあるべき姿」と「求める人材像」の明確化
  • 全社教育体系の展開と継続的改善
  • 次世代リーダー育成
  • 専門人材の活躍を促す「プロフェッショナル制度」
多様な人材の活躍推進
  • 在宅勤務やサテライトオフィスの活用、ワーク・ライフ・バランスの向上
  • 女性活躍推進活動の拡大
  • 定年退職者の再雇用、障がい者雇用
  • 外国人人材の採用強化
情報セキュリティの強化
  • 情報インフラの強化拡充
  • 既知の脆弱性を狙った攻撃に対する防御策
  • 標的型攻撃リスクの低減
コーポレート・ガバナンスの進化
  • 指名委員会等設置会社への移行
  • 役員報酬の透明性向上
  • グループガバナンス強化(コミュニケーション、コンプライアンス体制・意識、資源配分)
  • 実効性と確実性を高めた新たなリスクマネジメントシステムの構築
  • コーポレートガバナンス・コードへの対応
三菱マテリアル株式会社