Logo header1

Our Approach to ESG and Sustainability 私たちのESGレポートとサステナビリティ

三菱マテリアルグループの事業活動とSDGs

B3_三菱マテリアルグループの事業活動とSDGs

国際社会の普遍的な長期目標として

2015年9月、国連総会において、より良い未来を実現するために、極度の貧困、不平等・不正義をなくし、地球環境を守るための計画として「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が全会一致で採択されました。この中で掲げられた、2030年までに実現すべき世界の姿が、「持続可能な開発目標(SDGs)」です。SDGsは、国際社会が2001年から15年にわたり取り組んだ「ミレニアム開発目標(MDGs)」の後継であり、全ての国の普遍的な目標として位置付けられています。
また、SDGsは、各国政府だけでなく、企業や市民社会による全世界的な行動を求めています。企業がSDGsをいかに活用すべきかの解説書としてGRI(Global Reporting Initiative)、国連グローバル・コンパクト、WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)が共同で発行した「SDGコンパス」は、次のように説明しています。
「SDGsは、その前身となるミレニアム開発目標(MDGs)と異なり、すべての企業に対し、明確に、その創造性およびイノベーションを活用して、持続的発展のための課題を解決するよう求めている。SDGsは、すべての政府によって合意されたものだが、その成功は、すべての主体による行動や協働に大きく依存している。
SDGsは、持続可能な開発に向け、世界で最も重大な課題に取り組むために、必要な解決策や技術を、企業が主導して開発し適用する、そういう機会を提供している」。

このページの先頭へ戻る

当社グループの事業活動とSDGs

事業競争力の徹底追求と、新製品・新事業の創出の両面において、SDGsの視点を戦略に組み込み、多様な外部パートナーと積極的に連携しながら、社会的価値と経済的価値の両立を図ります。
特に、SDGsが示す17の目標(ゴール)のうち、目標7(エネルギー)、目標8(成長、雇用)、目標9(イノベーション)、目標11(都市)、目標12(生産・消費)、目標13(気候変動)は、当社グループとして重点的な取り組みを進めている領域です。
国連によるSDGsの採択は、当社グループにとって、これまで進んできた事業の方向性の正しさを再確認する契機になるとともに、今後取り組むべき課題や進むべき道筋について長期的なリスクと機会を考察する重要な機会となりました。
当社グループは、「人と社会と地球のために」を企業理念とする総合素材メーカーです。そして、「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなマテリアルを創造し、持続可能な社会に貢献するリーディングカンパニー」となることをビジョンとし、その実現に取り組んできました。

SDGs

このページの先頭へ戻る

SDGs 2021年度の進展

社会課題の解決に取り組む4団体へ寄付
~グループ創業150周年を契機として、継続的な関係を構築~
(目標1)(目標4)(目標10)
(2021年6月9日公表)

当社は、社会課題の解決に取り組む4つの団体への寄付を実施するとともに継続的な支援を行うこととしました。
今般の寄付は、2021年5月に迎えた当社グループ創業150周年を契機として、企業理念として掲げる「人と社会と地球のために」の実現に向け、社会課題の解決に積極的に取り組んでいる団体を支援するために行うものです。寄付先は、企業理念に合致した活動を行い、社会課題の解決、特に「子ども」「学生」「難民」の支援に取り組む団体の中から、これまでの当社との関係等も踏まえて選定しました。これからも、社会課題の解決に取り組む団体への継続的な支援を通じて、さまざまな社会課題の解決に取り組み、持続可能な社会に貢献していきます。

「子ども」「学生」を支援する団体

特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会
「共に生きる社会」をビジョンに、社会課題の解決に向けて、所属する日本全国約80大学・2,500人の大学生を中心にボランティアを企画・実施しています。

認定特定非営利活動法人カタリバ
「どんな環境に生まれ育っても、未来を自らつくりだす意欲と創造性を育める社会」を目指し、子どもたちにさまざまな教育機会を届ける活動を行っています。

「難民」を支援する団体

特定非営利活動法人難民支援協会
紛争や人権侵害等の迫害から日本に逃れてきた難民の方々が新たな土地で安心して暮らせるように支え、ともに生きられる社会の実現を目指しています。

特定非営利活動法人WELgee(ウェルジー)
日本社会と、日本に逃れてきた難民との共創価値を生み出すことによって、自らの境遇にかかわらず、ともに未来を築ける社会を目指しています。

E-Scrapビジネスの新プラットフォーム「MEX」の運用開始
~DXにより高付加価値な製品・サービスを提供するリーディングカンパニーへ~
(目標12)
(2021年10月26日公表)

当社は、E-Scrapビジネスにおける新しいプラットフォーム「MEX」(Mitsubishi Materials E-Scrap EXchange)を開発、その運用を2021年12月20日に開始しました。本件は、当社が進めるデジタル化戦略(MMDX:三菱マテリアル デジタル・ビジネストランスフォーメーション)における事業DX初の成果となります。

当社は、業界No.1の環境負荷低減を実現したユニークな銅製錬技術である三菱連続製銅法を強みに、かねてよりE-Scrap(金・銀・銅・パラジウム等の有価金属が高い濃度で含まれる各種電子機器類の廃基板等)の受け入れ・処理を行っており、現在、E-Scrapの受け入れ・処理能力は年間約16万tと世界最大級となっています。また、E-Scrap市場は、今後も継続的な成長が見込まれることから、当社は、E-Scrapの受け入れ・処理能力をさらに拡大し、2030年度末までに年間約20万tとする計画です。

こうした中、今般、顧客サービスのさらなる向上を図るべく、2021年12月20日より、E-Scrap取引の新しいプラットフォーム「MEX」の運用を開始しました。「MEX」は、MMDXの取り組みの一環として開発を開始、最新のデジタル技術を活用し、多数の機能を搭載しています。まず、お客さまには、E-Scrap取引に必要な全ての情報を、24時間いつでもご確認いただけます。また、いつでもご質問をお寄せいただけるお問い合わせ機能も備え、頻度の多いご質問にはメールや開発中のチャットボットを通じて自動でお答えできるようする等、双方向でのやり取りが可能となります。二段階認証機能の導入等、セキュリティ面の強化も図ります。こうしたさまざまな改善により、海外のお客さまをはじめ、従前は当社のプラットフォームのご利用が難しかったお客さまにもご利用いただくことが可能となっています。さらに、今後のアップデートを通じて、さらなる機能追加も行う予定です。
当社は、長年の経験と高い技術力を「MEX」を通してご提供することで、国内外全てのお客さまの身近なパートナーとなることを目指します。

写真「MEX」のイメージ

  • ※ 三菱連続製銅法
    S炉(Smelting Furnace:熔錬炉)、CL炉(Slag Cleaning Furnace:錬かん炉)、C炉(Converting Furnace:製銅炉)、さらに精製炉を樋(とい)でつなぎ、一連のバッチ(回分)操業法を連続化した製銅法です。これにより、設備自体のコンパクト化が実現し、省エネルギー、低コストでの操業が可能です。また、亜硫酸ガスの漏煙が防止され、排ガス処理工場で効率良く処理される無公害のシステムを確立しています。

写真三菱連続製銅法のイメージ図

温室効果ガス排出量削減目標の見直しについて
~5年前倒しでカーボンニュートラルの実現を目指す~
(目標13)
(2021年11月26日公表)

当社は、当社グループの温室効果ガス(以下「GHG」)排出量(事業者自らによる直接排出であるScope1および供給されたエネルギー利用に伴う間接排出であるScope2)の削減目標を見直し、2030年度までに47%削減(2013年度比)、2045年度までにGHG排出量を実質ゼロとするカーボンニュートラルの実現を目指しています。

当社は2021年3月、グループ全体のGHG排出量削減に関して、2030年度までに17%削減(2013年度比)および2050年度までにカーボンニュートラル実現を目指す中長期目標を設定しました。その後、日本政府が2021年4月に2030年度の温室効果ガス排出量を2013年度に比べて46%削減する目標を公表する等、気候変動への対応は、さらに重要度を増しています。こうした中、当社グループとしても、より気候変動への対応を強化するべく、次のとおり削減目標を見直すとともに、新たな取り組みを進めることとしました。

  • 2045年度までのカーボンニュートラルの実現(2021年3月に公表した2050年度から5年前倒し)を目指す。
  • 中間目標である2030年度までのGHG排出量(Scope1および2)の削減についても、2021年3月に公表した目標を引き上げ、2013年度比で47%の削減を目指す。特に、加工事業においては、ほかの事業に先駆けて、2030年度までに製造に使用する電力の全量を実質CO2フリーとし、総合工具工房としてお客さまに貢献できるものづくりを推進する。
  • 取引先のGHG排出量を含むScope3(Scope1および2を除くサプライチェーン全体のGHG排出量)について、2020年度より実績値の集計を開始。今後、取引先との情報共有を進めることで算定精度を高めつつ、取引先のGHG削減計画等も踏まえ、長期的な削減見込みの把握を進めていく。
  • カーボンフットプリント(CFP)の評価と活用を開始し、タングステンや銅スクラップ等のリサイクル原料を使用した製品のGHG排出量の把握を進める。

※なお、上記で公表した目標においては、2022年4月にUBE(株)との事業統合を実施したセメント事業は含めていません。同事業のGHG削減については、事業統合後、新会社において効果的なGHG削減策を具体化していく予定です。

新たな温室効果ガス削減目標

  • ※ 2022年4月1日付の組織変更による、温室効果ガス排出量削減目標については、セメント事業とともにアルミ事業を除いた目標を新たに公表しています。

グラフ

  • * LCA(Life Cycle Assessment)といわれる製品のライフサイクルにおける投入資源、環境負荷およびそれらによる環境影響を定量的に評価する手法のうち、GHG排出に関わる項目評価の部分を抜き出したもの
三菱マテリアルグループのサステナビリティ基本方針を策定
~持続可能な社会の実現に向け、積極的・能動的に取り組みを推進~
(目標12)
(2021年12月1日公表)

当社は、2021年12月1日付で、サステナビリティに関する基本方針を策定しました。

企業理念、ビジョンに則り、当社グループとして、サステナビリティをより積極的かつ能動的に推進していく姿勢を明確にするため、新たに「サステナビリティ基本方針」を策定しました。同方針は、サステナビリティに関連する規定・方針類を束ねる上位方針として位置付けます。

また、同方針のもとあわせて人権方針および調達方針を策定しました。人権尊重を事業活動の基盤となるものと考え、国際的に宣言されている人権の原則を尊重し、取り組みを拡大、深化させるとともに健全な調達にも努めていきます。

さらに、ダイバーシティ&インクルージョンの推進について、サステナビリティ基本方針および人権方針に定めました。多様な個性を認め合い尊重し、新たな価値を創造することで当社グループの持続的成長の源泉とするべく、女性、外国人、中途採用者等の全管理職に占める割合に関する目標を更新または新たに設定するとともに、各種施策を通じ、取り組みを強化します。

図

NEDOの「グリーンイノベーション基金事業/次世代型太陽電池の開発」に参画
~ペロブスカイト太陽電池の低コスト化、高性能化に向けた周辺材料の開発へ~
(目標7)
(2022年1月20日公表)

当社は、MMCイノベーション投資事業有限責任組合(以下「当社CVC」)を通じて出資している(株)エネコートテクノロジーズ(以下「エネコートテクノロジーズ」)の委託先として、国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構(「NEDO」)の「グリーンイノベーション基金事業/次世代型太陽電池の開発」(以下「本事業」)に参画します。

ペロブスカイト太陽電池とは、ペロブスカイト結晶の層等を基板に塗布して形成する太陽電池で、現在一般的に使用されている結晶シリコン太陽電池よりも軽量で厚みを約100分の1にできるほか、折り曲げて多様な場所に設置することも可能なため、次世代の太陽電池として普及が期待されており、京都大学発のスタートアップ企業であるエネコートテクノロジーズは、その開発に取り組んでいます。また、同社はペロブスカイト太陽電池に含まれる鉛を代替材料に置き換えることによる、鉛レスの太陽電池の開発も進めています。
当社は、2020年5月に当社CVCを通じて同社に出資し、ペロブスカイト太陽電池の耐久性の向上に貢献する技術や鉛レス化に必要な周辺材料等の開発に関する同社との協業に関する検討を進めています。

こうした中、エネコートテクノロジーズが「設置自由度の高いペロブスカイト太陽電池の実用化技術開発」とのテーマで本事業に採択されました。本事業では、例えば耐荷重の小さい工場の屋根やビル壁面等、既存の太陽電池を設置できなかった場所への太陽光発電の導入に向け、軽量化の実現や建物の曲面等にも設置できる柔軟性を持たせるとともに、変換効率や耐久性等の性能面でも既存電池に匹敵するペロブスカイト太陽電池の実用化を目指しています。当社は、エネコートテクノロジーズの委託先として本事業に参画し、ペロブスカイト太陽電池の普及のための低コスト化、高性能化に向けた周辺材料の開発を行います。

写真ペロブスカイト太陽電池のイメージ
(エネコートテクノロジーズ提供)

国連グローバル・コンパクトへの署名(目標5)(目標8)(目標13)(目標16)
(2022年3月24日公表)

当社は、「国連グローバル・コンパクト」(以下「UNGC」)に署名し、2022年3月22日付で参加企業として登録されました。 あわせて、日本におけるUNGCのローカルネットワークである「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン」に加入しました。

写真

UNGCは、各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組みづくりに参加する自発的な取り組みです。UNGCに署名する企業・団体は、UNGCが掲げる、人権、労働、環境、腐敗防止の4分野に関わる10の原則を遵守し、実践することが求められます。

当社グループは、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなマテリアルを創造し、持続可能な社会に貢献するリーディングカンパニー」となることをビジョンとしており、2021年12月1日付で新たに「サステナビリティ基本方針」を策定する等、サステナビリティをより積極的かつ能動的に推進していきます。
UNCGの10原則を支持し、事業活動の中で実践することで、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

「国連グローバル・コンパクト」4分野10原則

人権

  • 原則1:人権擁護の支持と尊重
  • 原則2:人権侵害への非加担

労働

  • 原則3:結社の自由と団体交渉権の承認
  • 原則4:強制労働の排除
  • 原則5:児童労働の実効的な廃止
  • 原則6:雇用と職業の差別撤廃

環境

  • 原則7:環境問題の予防的アプローチ
  • 原則8:環境に対する責任のイニシアティブ
  • 原則9:環境にやさしい技術の開発と普及

腐敗防止

  • 原則10:強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取組み
三菱マテリアル株式会社