Logo header1

Responsibility in Value Chain バリューチェーンにおける責任

バリューチェーンにおける関係構築

バリューチェーン

高機能製品

高機能製品における事業は、市場ニーズや技術開発で共通性の高い銅加工と電子材料のふたつの事業を一体的に運営し、ユニークな技術を活かしたさまざまな製品を、注力市場である次世代自動車、半導体製造・エレクトロニクス、産業機器・ロボット・インフラ向けに供給しています。
次世代自動車市場向けには、大電流・高電圧、大容量通信への対応に必要不可欠な無酸素銅や高機能銅合金、リードフレーム等各種の銅加工品、省エネを目的として主に自動車ガラスに使用されている熱線カット塗料、各種センサー等車載用電子部品を供給しています。半導体製造・エレクトロニクス市場向けには、半導体製造装置向けシリコン加工品や半導体製造装置用シール等を供給しています。産業機器・ロボット・インフラ向けには、MRIや科学研究に利用される超電導線、高機能合金線、環境にやさしい鉛フリー快削黄銅エコブラス®、GloBrass®等を供給しています。
このように高機能製品における事業は、社会のメガトレンドに対応した高付加価値な製品の提供を通じ、新たなモビリティの普及をはじめ広く社会の発展に貢献しています。

高機能製品のバリューチェーン

高機能事業のバリューチェーン

このページの先頭へ戻る

加工事業

加工事業では、金属部品の加工に不可欠な切削工具をはじめ、建設工具、耐摩工具等の超硬製品を供給しています。製造・販売拠点は中国、アジア、米州、欧州とグローバルに展開しています。高い技術と信頼性により、お客さまのご要望に沿った付加価値の高い製品・サービスを通じて、さまざまな分野のものづくりを支えており、超硬切削工具では国内トップシェアを誇ります。また、超硬合金の主原料でレアメタルのタングステンのリサイクルに積極的に取り組んでおり、使用済み超硬工具の回収に注力しています。

加工事業のバリューチェーン

加工事業のバリューチェーン

このページの先頭へ戻る

金属事業

金属事業は、鉱山、製錬、貴金属の3つの事業分野からなります。鉱山部門ではクリーンな銅精鉱の安定調達のため、海外銅鉱山に投資しています。製錬部門では高効率で環境負荷の極めて低い「三菱連続製銅法」により、高品質の製品を国内外で製造・販売しています。また、製錬プロセスを活用し、E-Scrapから有価金属を回収するシステムを確立し、資源循環に積極的に取り組んでいます。貴金属部門では、「三菱の金」ブランドのもと、個人向けに「マイ・ゴールドパートナー」等の貴金属地金商品・サービスを提供しています。

金属事業のバリューチェーン

金属事業のバリューチェーン

このページの先頭へ戻る

環境・エネルギー事業

エネルギー事業では、地熱発電、水力発電、太陽光発電等、再生可能エネルギーの安定供給を通じて脱炭素社会構築に貢献しています。また、原子力の分野では放射性廃棄物の処理、処分、安全性評価等を手がけています。
環境リサイクル事業では、家電メーカーと共同で設立したリサイクル工場を運営するとともに、製錬・セメント資源化システム等、当社グループ内の連携を活かした資源リサイクルの拡大に取り組んでいます。

環境・エネルギー事業のバリューチェーン

環境・エネルギー事業のバリューチェーン

このページの先頭へ戻る

関連事業(セメント)

関連事業では、特色豊かなグループ会社が幅広く事業を展開しています。エンジニアリング会社や商社は半導体をはじめ、あらゆる産業の基盤を支えており、製塩会社は生活に欠かせない塩を安定供給しています。また、鉱⼭跡地を活⽤した観光坑道事業を通じ地域社会に貢献しています。そのほか、高度な掘削技術や調査手法を駆使し、地熱発電や地中熱の活用を通じた再⽣可能エネルギー推進の一翼も担っています。

セメントは、道路や橋、港湾、ビル等、社会に欠かせない基礎素材です。セメント事業では、主原料となる石灰石の鉱山から、セメント工場、輸送・販売、生コンクリート工場、建設会社等に至るまで、幅広い事業体制を構築し、社会インフラ整備に貢献し国内外に製造・販売拠点を設け、グローバルに活動しています。普通ポルトランドセメント等の汎用品に加え、低発熱型セメントや高強度コンクリート用セメント、無収縮グラウト材等、高品質の製品を供給しています。さらに、セメント工場では他産業で処理が困難な廃棄物を積極的に受け入れており、1,450℃の高温焼成プロセスで無害化し、有効活用することで循環型社会の構築に貢献しています。

  • ※ 当社のセメント事業は、UBE(株)(旧宇部興産(株))とのセメント事業等の統合に伴い、2022年4月1日付で、吸収分割により、UBE三菱セメント(株)(持分法適用関連会社)が承継しました。
三菱マテリアル株式会社