Logo header1

Our Approach to ESG and Sustainability 私たちのESGレポートとサステナビリティ

編集方針

A2.1_編集方針

編集方針

本レポートは、三菱マテリアルグループ(以下、当社グループ)のサステナブル経営に関する考え方・取り組みとその成果や課題・方向性について、関心をお持ちになっている皆さまに分かりやすく、かつ包括的にご報告するものです。ご意見をいただきながら、活動の水準を継続的に高めていくことを目指しています。
本レポートは、GRIスタンダードの中核(Core)オプションに準拠し、制作しています。
なお、2020年度から本レポートはWEBおよび電子媒体(PDF)のみで報告しています。

対象組織

定性的報告:三菱マテリアル(株)を中心に、グループ会社を含みます。
定量的報告:グループ会社については以下のとおり
  • 温室効果ガス排出量は、スコープ1、2は主要連結子会社118社、スコープ3は主要連結子会社63社
  • 上記以外の環境データは、製造事業所を有する主要連結子会社 64社
  • CSR研修実績は、主要CSR対象会社等 53社
  • 安全成績は、主要連結子会社 20社

上記以外は三菱マテリアル(株)単体

※本レポートでは、「三菱マテリアル」「当社」は、三菱マテリアル(株)単体を表します。

主な報告対象組織の変更

2021年度より、スメルティング・マネジメント・グレシック社ほか1社を連結の範囲に含めています。
また、八幡平地熱(株)は八幡平グリーンエナジー(株)(旧秋田発電(株))を、アキュレイトワイヤー社はルバタ・ウォーターベリー社を存続会社とする吸収合併をしたため、三菱アルミニウム(株)(現(株)エム・エム・エー)は事業の分割承継により重要性が乏しくなったため、(株)エムエーパッケージングほか5社は三菱アルミニウム(株)が事業の分割承継を行ったため、ユニバーサル製缶(株)ほか5社は持分の全部を売却したため、(株)ダイヤコンサルタントは持分の一部を売却したため、それぞれ連結の範囲から除外しています。
また、当社のセメント事業は、UBE(株)(旧宇部興産(株))とのセメント事業等の統合に伴い、2022年4月1日付で、吸収分割により、UBE三菱セメント(株)(持分法適用関連会社)が承継しました。

これら組織変更が発生していますが、対象期間においては、GHG(温室効果ガス:スコープ1・2分野)、エネルギー使用量、労働安全衛生、雇用の状況等の実績数値は、セメント事業、アルミ事業を含めて記載しています。GHG(温室効果ガス:スコープ3分野)、環境、寄付・社会貢献、従業員教育等の実績数値は、セメント事業を含めて記載しています。

対象期間

2021年度(2021年4月1日~ 2022年3月31日)

※当社グループの最新の状況をご報告するため、2022年4月以降の情報も適宜掲載しています。

報告時期

2022年8月(前回:2021年8月)

ガイドライン

GRIスタンダード2016
GRIサステナビリティ・レポーティング・ガイドライン セクター開示項目(鉱山・金属業)

※GRI内容索引はWEB・ESGサイトに掲載します。

主要な報告ツール

当社グループでは、主として以下のような報告ツールを使用し、体系的な開示に努めています。

名 称 概 要
ESGレポート 三菱マテリアルグループのESGマネジメントと重要課題に関する計画・目標、取り組み、 成果を、詳細データも含めて包括的に報告しています。
統合報告書(PDF) 三菱マテリアルの財務、経営・事業全般等、当社グループが目指す事業の方向性を、財務・非財務の両面から統合的に報告しています。
WEB・ESGサイト ESGデータ一覧、過去の報告情報、その他の活動情報等、上記の各報告ツールを補完する内容を掲載しています。

制作プロセス

当社グループでは、当レポートの制作プロセスを重視しています。対外的な説明責任を果たすため、企業としての透明性・信頼性向上を図るとともに、当社グループのサステナブル経営推進にもつながるようプロセスを設計しています。

透明性・信頼性の向上
当社では、ステークホルダーと経営の視点で検証・特定した10項目の重要課題(マテリアリティ)を、ESG活動およびESG報告の基本的な枠組みとしています。ステークホルダーの動向をはじめ、外部環境は常に変化することから、重要課題の見直しを定期的に行っており、報告内容についても、その時々のステークホルダーの関心・期待と経営の状況等を把握しつつ、きめ細かく検討・調整しています。
ステークホルダーの関心・期待等の動向把握については、ESG投資家等の調査や読者アンケートの回答内容、社内ヒアリング等を通じて関係部署から情報を収集しています。また、特に重要性の高いテーマについては有識者等との対話を適宜実施し、社会的課題についての多面的な理解と、当社グループの取り組み内容の検証に役立てています。
加えて、報告内容について、グローバルな要求項目に照らした網羅的な検証に役立つ「第三者保証」を取得し、透明性と信頼性の向上に努めています。
コミュニケーションを通じたESG活動の推進
当社では、当レポート制作プロセスにおけるコミュニケーション活動を、外部環境変化に対する共通理解や社内浸透等、ESG活動の推進力に結び付けるよう努めています。
当社では、コーポレートやカンパニーの関係部署を対象に適宜ヒアリングし、報告内容の調整だけでなく、ステークホルダーの関心・懸念や今後の課題・方向性等について意見交換や情報共有を行っています。
また、各関係部署に報告記事作成を依頼し、作成された報告案を巡って意見交換を行うことは、社外の視点で自部門のESG活動を振り返り、その戦略的意義についての共通理解を育てることにもつながっています。
三菱マテリアル株式会社