Logo header1

Stakeholder Communication ステークホルダーコミュニケーション

地域社会との共生

地域社会との共生

社会貢献活動

中学校でのキャリア講演会(三菱マテリアル(株))

キャリア講演会の様子キャリア講演会の様子

当社若松製作所は、2021年9月に福島県会津若松市立一箕中学校の「キャリア講演会」に登壇し、2学年約110名を対象に、ものづくりの苦労・やりがい・楽しさ、仕事に求められる適性・能力、地域における役割等について、経験やクイズ等を交え、講演を行いました。新型コロナウイルス感染症拡大のため、現場を見学することが出来ず、実際に製品に触れることができませんでしたが、私たちの仕事や当社グループを知っていただくことで、生徒の皆さんが将来を考えるきっかけになったと思います。

日本の職場で働く外国人とのコミュニケーション(三菱マテリアル(株))

工場からオンラインで参加工場からオンラインで参加

2021年9月に兵庫県の三田市国際交流協会が、外国人の雇用を考えている事業者に向け、外国人スタッフとの効果的なコミュニケーション方法を学ぶセミナーをオンラインで開催し、複数の事業者や大学の先生等が参加しました。実際に働く外国人スタッフが体験を語る機会があり、当社三田工場で働く外国人従業員が参加し、これから日本で働こうと思っている方や、外国人と働いている・働こうと考えている事業者に向けて体験を話しました。外国人のそれぞれに異なる背景や文化理解の相違から生じるトラブルの発生を防ぐためにも、文化や価値観の異なる者同士が互いに時間をかけて、コミュニケーションを取っていくことがとても大事であり、多様化する日本人だけの職場についても同様であると改めて考えることができたセミナーとなりました。

このページの先頭へ戻る

当社グループに対する主な外部評価

主な外部団体からの受賞実績(2021年度)

受賞者 表彰実施団体
・組織
受賞内容
三菱マテリアル(株)
中央研究所
日本金属学会 技術賞 高機能銅合金に関する研究開発と実用化
三菱マテリアル(株)
筑波製作所
モノづくり日本会議、日刊工業新聞社 2021年「超モノづくり部品大賞」機械・ロボット部品賞 切削加工用インサート材種MVシリーズ「MV1020・MV9005」
三菱マテリアル(株)
筑波製作所
日本機械工具工業会 令和3年度「日本機械工具工業会賞」技術功績賞 鋼旋削加工用CVD材種「MC6115」の開発
三菱マテリアル(株)
筑波製作所
(株)MOLDINO
日本機械工具工業会 令和3年度「日本機械工具工業会賞」技術奨励賞 ・筑波製作所:両面インサート式汎用肩削りカッタWWXの開発
・MOLDINO:立壁/底面仕上げ用8枚刃エンドミルの開発
MMCリョウテック(株) 日本機械工具工業会 令和3年度「日本機械工具工業会賞」環境賞 環境活動の取り組みを表彰
(株)MOLDINO モノづくり日本会議、日刊工業新聞社 2021年「超モノづくり部品大賞」機械・ロボット部品賞 立壁/底面仕上げ用8 枚刃エンドミル「ER8WB-ATH」
三菱マテリアル(株)
直島製錬所
文部科学省 令和3年度「科学技術分野の文部科学大臣表彰」創意工夫功労者賞 廃家電の分析評価用試料調製リードタイムの改善
PT.Smelting
(インドネシア・カパー・スメルティング社)
インドネシアジャーナリスト協会グレシックリージェンシー Giri Pancasuar Awards グレシック県でのスポーツ振興支援
PT.Smelting
(インドネシア・カパー・スメルティング社)
インドネシア工業省 グリーン産業表彰 最高レベルのグリーン産業適用基準レベル5を受賞

このページの先頭へ戻る

社会へのアプローチ

国連グローバル・コンパクトへの署名について

当社は、「国連グローバル・コンパクト」(以下「UNGC」)に署名し、2022年3月22日付で参加企業として登録されました。 あわせて、日本におけるUNGCのローカルネットワークである「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン」に加入しました。

ロゴ

UNGCは、各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組みづくりに参加する自発的な取り組みです。UNGCに署名する企業・団体は、UNGCが掲げる、人権、労働、環境、腐敗防止の4分野に関わる10の原則を遵守し、実践することが求められます。
 当社グループは、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと「ユニークな技術により、人と社会と地球のために新たなマテリアルを創造し、持続可能な社会に貢献するリーディングカンパニー」となることをビジョンとしており、2021年12月1日付で新たに「サステナビリティ基本方針」を策定する等、サステナビリティをより積極的かつ能動的に推進していくこととしています。

UNCGの10原則を支持し、事業活動の中で実践することで、持続可能な社会の実現に貢献

「国連グローバル・コンパクト」4分野10原則
人権
  • 原則1:人権擁護の支持と尊重
  • 原則2:人権侵害への非加担
労働
  • 原則3:結社の自由と団体交渉権の承認
  • 原則4:強制労働の排除
  • 原則5:児童労働の実効的な廃止
  • 原則6:雇用と職業の差別撤廃
環境
  • 原則7:環境問題の予防的アプローチ
  • 原則8:環境に対する責任のイニシアティブ
  • 原則9:環境にやさしい技術の開発と普及
腐敗防止
  • 原則10:強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取組み
三菱マテリアル株式会社